HOME » 不動産担保ローンのメリット・活用法をチェック » 審査の流れと基準

審査の流れと基準

ここでは、不動産担保ローンを利用するにあたっての手続きの流れや、審査の基準などについて紹介します。

気になる不動産担保ローン審査の基準

住宅ローンや多目的ローンなど、不動産担保ローンに限らずローン融資時にもっとも気になるのが審査ではないでしょうか。

不動産担保ローンの審査でとくにチェックされるのは、債務者(契約者)の返済能力と担保となる不動産の評価です。

■返済能力の審査ポイント

  • 収入の安定性…年収、勤続年数、事業実績など
  • 納税状況…税金の未納・滞納の有無など
  • 過去の借入歴…返済歴、事故の有無など

収入の安定性の審査基準は会社員と個人事業主・法人で異なり、会社員であれば勤務年数、個人事業主・法人であれば実績などをチェック。

万一、未納・滞納の税金があっても不動産担保ローンを活用して支払うという方法もあります。しかし、銀行系は税金の滞納を嫌うので、評価は下がるかもしれません。

過去のローンなどの借入歴は、いつ、いくら借りて、どう返したかを確認。ちゃんと返済していればいくら借りていても問題はありませんが、直近で返済滞納などの「事故」を起こしていると融資が難しくなる場合もあります。

■担保不動産の評価ポイント

  • 公示地価…物件所在エリアの標準地価
  • 基準地価…都道府県の地価調査による、基準地の価格
  • 路線価…道路に面した基準値の土地価格

金融機関は、債務者の返済能力が無力化してしまった場合、担保不動産の売却によって債権を回収することに。

これらのポイントでの評価が総合的に高ければ、それだけ融資限度額も高くなり、希望する融資額を引き出しやすくなります。

ただし、不動産担保ローンの審査基準・厳しさは、銀行かノンバンクかによって大きく異なります。

銀行の融資は返済能力や収入・営業実績などを中心に審査するため、かなりシビア。そのぶん、金利は低めです。一方、ノンバンク系の融資は事業や仕事の将来性、担保不動産そのものの価値を中心に、審査するため比較的門戸がひろく開かれています。

不動産担保ローンの手続き・申込み手順

■不動産担保ローン手続きの流れ

申込み→仮審査→必要書類提出・送付→本審査→契約→融資実行

不動産担保ローンは店舗店頭での相談・申込みも可能ですが、最近はホームページからの申込みが主流となっています。

通常はまず、融資希望額や担保不動産の情報などを入力して送信して仮審査。

仮審査をパスすればそのむねの連絡があり、審査の必要書類を郵送等で提出します。

■審査必要書類

  • 本人確認書類…運転免許証・パスポート・健康保険証など
  • 担保不動産確認書類…不動産登記簿謄本、住宅地図、公図、地積測量図、建物図面、固定資産税評価証明書、建築確認通知書など
  • 納税確認書類…納税証明書・固定資産税納付書など
  • 担保不動産債務残高証明書類…残高証明書・返済予定表など
  • (法人の場合)…商業登記簿謄本、決算報告書、事業計画書など

必要書類が届いたら、本審査に入ります。結果が出るまでの期間は、業者によってまちまち。一般的に銀行系だと遅く、1か月ほどかかることも。それに対してノンバンク系だと、たいていは2~3日で結果発表です。

無事に審査を通過し、融資額、その他条件にも納得したら契約締結手続きへすすみます。印鑑証明書などが必要となりますので、事前に持ち物の確認をしておいてください。

契約が滞りなく終われば、指定日には融資金が口座へ振り込まれています。

3大都市圏のおすすめ不動産担保ローン業者

  • 東京・関東エリア
  • 名古屋・東海エリア
  • 大阪・関西エリア
 
ページの先頭へ
もしもの時の不動産担保ローンGuide