HOME » 不動産担保ローンのメリット・活用法をチェック » そもそも不動産担保ローンとは?

そもそも不動産担保ローンとは?

このページでは、不動産担保ローンとはどのような金融商品なのかについて、説明していきましょう。

不動産担保ローンの特徴

ローンと聞くと、「住宅ローン」をまず思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

まずはローンの代表選手ともいえる、住宅ローンとの違いを見比べながら不動産担保ローンの特徴についてみてみます。

≪不動産担保ローンと住宅ローンの違い≫

不動産担保ローン 住宅ローン
金利 年率4.0%~15% 年率0.6%~4.0%
返済期間 ~20年ほど(5~10年が多い) ~35年
抵当権 抵当権を物件に設定
第一順位である必要なし
第一順位の抵当権を物件に設定
使途 原則自由 住宅購入
生命保険 加入義務なし 加入義務あり(団体信用生命保険)

不動産担保ローンとは、土地・家屋などの不動産を担保に借入をする融資です。

金利や返済期間などは、それぞれのローンとも金融機関・商品によって差がありますが、不動産担保ローンと住宅ローンの大きな違いはその使用目的にあります。

住宅ローンがマンションや戸建てなどの住宅購入やリフォームに使途が制限されるのに対し、不動産担保ローンは原則自由。

事業所・店舗の開業資金やつなぎ資金、教育資金、複数の債務のおまとめ・一本化、税金対策、あらたに不動産を購入するため資金など、自由に活用できます。

また、金利や金額もカードローンなどの無担保融資に比べ、不動産という確固たる担保があるので低金利、かつ高額。

融資額は最低10万円から最高で1億円、3億円で短期間で多額の資金を準備できるため、借入金の一本化などで利用するケースが多くみられます。

万一、返済不能となっても不動産を処分することで解決できるので、不動産評価額に収まる額の融資ならズルズルと負債を背負い込むことはありません。

どこで借りるかを考える

審査基準のハードルの低いノンバンク系の不動産担保ローンなら、銀行では難しい「転職したばかり」「事業実績がない」「安定した収入がない」などのケースでも大丈夫。担保となる不動産の評価さえしっかりしていれば、条件に合わせて融資してくれます。

抵当権が第一順位でなくてもいいのも、不動産担保ローンのメリット。

まだ住宅ローンを完済していない自宅を担保にする場合でも、第二順位以降でも融資してくれます。

ただし、同じ不動産担保ローンでも、銀行で借りるのとノンバンクで借りるのでは少し事情が違ってくるので注意が必要。

銀行は金利が低いぶん審査も厳しく、融資までに1か月ほど時間がかかることも珍しくありません。

ノンバンクは銀行に比べると金利は高めながら、独自の審査基準で見てくれるので融資を受けやすく、スピーディに解決できます。

自分のニーズにあわせて融資元を選択することも、かしこくお金を借りる秘けつです。

3大都市圏のおすすめ不動産担保ローン業者

  • 東京・関東エリア
  • 名古屋・東海エリア
  • 大阪・関西エリア
 
ページの先頭へ
もしもの時の不動産担保ローンGuide