HOME » 不動産担保ローンを借りられる銀行一覧 » 【番外】ズバリ!銀行とノンバンクどう違う?

【番外】ズバリ!銀行とノンバンクどう違う?

ここでは「不動産担保ローンが借りられる銀行一覧」の番外編として、銀行とノンバンクの違いや、それぞれの不動産担保ローンの違いなどについて説明しましょう。

銀行とノンバンクの違いとは

「ノンバンクと銀行の違いがわからない」「ぼんやりとはわかるけど人には説明できない」という方は、意外と少なくありません。そもそも、銀行とノンバンクとの線引きはどこなのでしょう。

「ノンバンク」とは、銀行・信用金庫以外の金融機関のこと。銀行や信用金庫とノンバンクの最大の違いは、預貯金ができるかどうかです。

もちろん、銀行は預貯金ができますし融資もできます。一方、ノンバンクは融資はできるものの預貯金はできない金融機関、というわけです。

消費者金融や信販会社、リース会社、クレジットカード会社などもノンバンクに分類されます。

では、不動産担保ローンについては銀行とノンバンクに違いはあるのでしょうか?

まず、銀行の不動産担保ローンには、金利が低い、同一銀行で住宅ローンを組んでいると有利、シニア向けのリバースモーゲージがあるなどの特徴があります。

金利の低さは魅力ですが、銀行ならではのデメリットも。融資までに要する時間が長い、審査が厳しい、不動産評価額は低めの傾向、保証会社の保証を要する場合がある、などがそれです。

ノンバンクのほうはというと、銀行よりも金利が高めであることが多い、金融機関によって融資条件などが幅広く見極めが必要、といった点がデメリットとしてあげられるでしょう。

ノンバンクのメリットを見てみると、融資までにかかる時間が早い、審査が銀行よりもやさしい、不動産評価額が高く査定されるなどが長所となっています。

金利が銀行よりも高いといっても各ノンバンクによって高低がありますし、応相談で融通をきかせてくれることも珍しくありません。

相違する不動産担保ローンの審査基準

銀行とノンバンクでは、不動産担保ローンを利用する際の必要書類や審査基準も異なります。

申込みにあたって必要な書類は、銀行では基本的に身分証明書、収入証明書類、担保関係書類。対してノンバンクでは、身分証明書、直近2か月の給与明細または源泉徴収票、登記簿謄本などが必要となるケースが多いようです。

これ以上に大きく異なるのが、審査基準の方法。借り手の悪い面を1つひとつ洗い出し、融資が焦げつく可能性がなければ貸すのが銀行。借り手のいい面を上積みしていって、一定の基準に到達すれば貸してくれるのがノンバンクというわけです。そのぶん、ノンバンクのほうが審査はパスしやすくなっています。

また、返済期間も銀行は最長で25年程度なのに対し、ノンバンクは最長で30~35年という業者もいます。

ノンバンクのほうが金利が高めなので、単純に返済期間が長ければよいというものでもありませんが、ゆとりをもった返済計画は立てやすくなるでしょう。

3大都市圏のおすすめ不動産担保ローン業者

  • 東京・関東エリア
  • 名古屋・東海エリア
  • 大阪・関西エリア
 
ページの先頭へ
もしもの時の不動産担保ローンGuide