HOME » 私はこうして活用しました 不動産担保ローン事例集 » 法人が借入金の一本化に不動産担保ローンを活用した事例

法人が借入金の一本化に不動産担保ローンを活用した事例

このページでは、不動産担保ローンを利用した事例のなかでも、債務・ローンの一本化として活用したケースをまとめています。

不動産担保ローンを債務一本化として活用

≪一本化で毎月の返済額を圧縮≫

わたしの経営している会社には、複数の金融会社から借入金がありました。

1件1件は小口で、そうたいした額ではなかったので大きな借入をしているつもりはありませんでしたが、気がつけば合計で200万円にもなっていたのです。

これは、わたしの事業所の規模・運営状況からでは、一括返済するにできない額。

かといってこれまでどおり返済し続けていくのも、高利で支出がばかになりません。

そこでノンバンク系の金融機関に相談したところ、現状の借入よりも金利の低い不動産担保ローンを活用して一本化すれば、返済額を圧縮できるとのこと。

わたしはさっそく申込み、借入金を一本化しました。

すると話に聞いたとおり、それまで毎月7万だった返済額を5万円に減らすことに成功。

たった2万円かと思うかもしれませんが、わたしの事業所にとってこれは大きな額です。

返済も楽になったおかげで一本化した不動産担保ローンも、あと3年で完済できる予定になっています。

line

≪有利な金利で返済を楽に≫

運転資金などのために、3つの金融会社から計2,000万円ほどの融資をうけていました。

それだけではなく、それに加えて消費者ローンからの借入金も500万円ほど…。

さすがに数千万円単位の借入金ともなると、利息の支払いだけで元金が減らず、経営は一向に上向く気配がありません。

わたしの不徳といたすところではありますが、なんとかならないものかと方々へ相談したところ、不動産担保ローンでの一本化なら返済も楽になるとの話。

いろいろ調べて、もっともよさそうだったノンバンクで申し込みました。

そこの会社では、各社のローンをまとめたぶんの融資をしてくれるだけでなく、金利も低かったため月々の返済額も減額。

単に複数のローンを統一できるということ以上に、有利な金利でまとめられることが一本化の最大のメリットだと思います。

line

≪月20万円超の返済を一本化で半減!?≫

わが社では、すでに700万円の不動産担保ローンと300万円の消費者金融からの借入金がありました。

不動産担保ローンは返済額が毎月100,430円。消費者金融への返済額は同じく100,000円。あわせて200,430円という金額を毎月、返済へあてていたのです。

いくら1,000万円の借入金があるとはいえ、正直、毎月20万円を超える返済はわが社の体力的にはきつい。

20万円もあれば人が1人雇えます。

この状況を打破するために考えたのが、不動産担保ローンによる一本化です。

先に借りていた不動産担保ローンの金利は年12%でしたが、今回一本化で借り換える不動産担保ローンは年4%。実に1/3。

結果、毎月の返済額は101,246円とほぼ半減!

これまで返済してきたのがバカみたいに思える差です。

返済年数も10年とゆとりがあるので、余裕をもった会社運営ができています。

3大都市圏のおすすめ不動産担保ローン業者

  • 東京・関東エリア
  • 名古屋・東海エリア
  • 大阪・関西エリア
 
ページの先頭へ
もしもの時の不動産担保ローンGuide